家づくりの”不安”を一挙に解決!
リーフハウスの家づくりの特徴
安心・快適のワケ

  • 安心・快適のワケ
  • 安心・快適のワケ
  • 安心・快適のワケ
  • 安心・快適のワケ

リーフハウスの特徴

  • 価格が明朗!
    予算どおりの住まいが
    実現できます。

    リーフハウスは長年にわたり、住宅価格の適正化に取り組んできました。そのベースには、ジャーブネットを主宰するアキュラホーム社長・宮沢俊哉が開発した住宅建設合理化システム「アキュラシステム」があります。
    たとえば釘1本・ビス1個の単価から材料費を徹底的に見直すこと。現場の作業効率を改善して工期の短縮に努め人件費を削減することなど、家づくりのコストを約20,000項目にわたって"見える化"。

    さらに、全棟を当社にて設計・施工することで、1,000万円台からの高品質な家づくりを実現しました。

    リーフハウスはこれからも、より多くのご家族の心豊かな暮らしのために、よりよい住まいを納得できる価格でお届けします。

  • 間取りは完全自由設計!
    ゼロから
    一緒につくりましょう!

    ほとんどの注文住宅商品は、数種類のプランから選んだり、ある程度プランが用意されています。

    対して、リーフハウスの家づくりは、家族のご要望を聞き、その想いをベ一スにしてゼロからプランを起こします。世界中にたった一つの、家族の想いの詰まったマイホームを本当の意味で実現できるパッケージです。

  • 豊富に取りそろえた
    先進の設備・仕様から、
    楽しくお選びください。

    キッチンやバスルーム、フローリング材や建具、外壁、屋根材など細かい部分にまでしっかりとこだわることができます。豊富な設備・仕様の中からご家族のお好みで自由に選んでいただけます!環境のこと、コストのこと、ライフスタイルのことを考えて、いつまでも心地よく暮らせる家です。

    家計をしっかりサポートするために「ランニングコスト」に着目

    家にかかる費用は決して「建てるお金」だけではありません。新居に引っ越してからかかる「光熱費」にも リーフハウス”は着目しています。例えば、エアコンなどの冷暖房費を少しでも抑えるために、断熱性を高める仕様にこだわり、ワンランク上の高性能グラスウールを採用。住み始めてから必要となるランニンクコストを低減します。

こだわり抜いた安心の耐震性

  • 地震に強いベタ基礎

    1階の壁下部分にだけ基礎を配置する「布基礎」が一般的なのに対し、床下全面を厚さ150mmのコンクリートで覆う「ベタ基礎」を採用。ベ一ス部分にも鉄筋が入り基礎全体が一体化することで、建物の荷重を分散できるため地震にも強く、不同沈下を抑制する効果があります。

  • 木とメタルで
    ダブルの強さ!
    木造軸組工法・高強度金物併用

    「めぐる」は、強度と耐久性に優れた「木」の良さをいかし、接合部を金物で強化した「木造軸組工法・高強度金物併用」で建てる家。「めぐる」の、地震や台風などにも揺るがない安心の強度と、優れた耐久性の証しです。

  • 厚さ1.5倍以上。
    地震や災害に強さを
    発揮する、多重構造床

    構造材と構造用合板(24mm厚)を強固に一体化することで、建物全体の床剛性力を飛躍的に向上させます。従来の1.5倍以上の厚みを備えた多重構造で、地震・台風時に受ける床面の横揺れやねじれを抑えることができます。

  • DIT制震筋かい金物
    地震による建物の揺れを
    最大約75%軽減

    <耐震>は、家が倒れないようにする筋かいなどで耐力壁を作り、地震の揺れに耐える構造です。建物が頑丈でも、地震の揺れは建物内部に伝わり、上にあがる程揺れが大きくなります。そこで、更に構造体に制震装置を設置し、地震のエネルギーを吸収することで、建物の揺れを抑え本震にも余震にも強い家を実現します。

    ※設置にあたっては、建物の耐震性が確保されていることが前提となります。
    ※軽減する揺れ幅は、建物形状、配置プラン、地震波によって異なります。

  • 優れた強度の
    エンジニアリングウッドを採用

    エンジニアリングウッドは、大きな節や割れなどの欠点を取り除いた乾燥木材を複数張り合わせた木質材料です。曲げ強度は無垢材の1.5倍以上で、含水率15%以下のため狂い・反り・割れなどが起きにくく、耐朽性・防蟻牲にも優れてい る な ど 、品質・強度のバラツキが小さく、高い信頼性によって無垢材の問題点を解消し、強靭な骨組みを形成します。

  • 断面欠損を防ぐ
    胴差接合部の金物加工

    柱の断面欠損を最小限にし、胴差接合部の精度・強度を高めるため、通し柱と胴差加工部を金物接合にしました。

  • 構造計算によって
    生まれた金物

    地震に強い構造部材を耐震金物でしっかり固定

    ※下記写真掲載の耐震金物の種類・形状は予告なく変更する場合がございます。

永く安心して健康に住まう仕様

  • シロアリ10年保証付き
    基礎パッキング工法

    湿気やカビ、
    シロアリから守る!
    従来の1.5倍の換気効率

    今までの工法に比べ1.5~2倍の換気性能を発揮。従来の一般的工法では換気できない床下の入り組んだコーナーの隅々まで湿 気を残らず排湿し、乾燥した理想的な床下環境をつくります。

  • 家中の空気をキレイに
    24時間計画換気システム

    居室の給気口より、室内に新鮮な空気を常時取り入れます。トイレ・洗面所・ホールの排気ファンにより室内の汚れた空気を24時間排出します。ホコリや粉塵、結露や湿気などで発生しやすくなる、アレルギーの原因のひとつと言われている住まいのダニ・カビの発生を抑えます。

耐久性を向上させる壁内通気工法

断熱性や気密性を高めた場合、逃げ場を失った湿気はその性質上、壁の中に入り込みやすくなります。

防湿性を考慮していない壁体内では、室内と室外の温度差が激しいほど、温度が低い側で「結露」が発生しやすくなります。壁内に結露が発生すると、木材が腐食したり、金物が錆びる原因となり耐久性に大きな問題が生じます。

リーフハウスは下図のような構造の壁内を採用しています。このような構造にすることにより、図①~③のような効果を得ることができ、耐久性を向上させます。

とことん快適性を追求した
住環境

  • 樹脂サッシ+Low-E複層ガラス

    リーフハウスでは樹脂サッシを採用しています。開閉しやすく手入れも簡単。しかも、アルゴンガス(乾燥空気に比べ1.5倍も熱を伝えにくく、かつ安全な気体)の層を有するガラス内側の金属コーティングが施されたLow-E複層ガラスが、シングルガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。夏の強い日差しをカットし、冬は熱を外に逃がさす、冷暖房効果を高めます。

高気密・高断熱の家だから
冷暖房費が40%ダウン!

高断熱・高気密

高性能断熱材をふんだんに使用。
夏涼しく冬は暖かい住まいです。

リーフハウスのスタンダードモデル「めぐる」は平成28年改正省エネ基準をクリアした高品質の住まい。高い気密性がエアコンによる夏の冷気や冬の暖気を逃さず、優れた断熱性で外気温に影響されにくいため、冷暖房効率が格段にアップします。冷暖房費は一般木造住宅の約60%。年間約2万円もお得な計算です。

断熱・気密性能

UA値・ηAC値ともに
"平成28年省エネ基準を上回る、
高い断熱・気密性能です。

屋根・壁・床下の建物全体を高性能グラスウールで包み込む「めぐる」は、UA値·ηAC値の観点から見ても、北陸地方の平成28年省エネ基準を上回る快適な温熱環境を備えています。―年を通じて快適な室内環境を保ち、高い冷暖房効果を発揮します。

TOP > こだわりと品質 > 安心・快適のワケ

株式会社リーフハウス 本社

福井県福井市荒木別所町7-8(警察学校前)

会社情報

株式会社リーフハウスの外観